衣類の洗濯方法

トップページ
衣類を脱いだらすること
衣類からシミをとるメカニズム
衣類の水溶性のシミ
衣類の油溶性・不溶性のシミ
衣類のシミ抜きに使う道具
衣類のシミ抜きに使う主な洗剤
これがあればシミ抜きは完璧1
これがあればシミ抜きは完璧2
シミ抜きをする前のポイント
シミ抜きをする時のポイント
衣類のシミ抜き(血液の場合)
衣類のシミ抜き(汗・尿)
衣類のシミ抜き(焼き肉のたれ)
衣類のシミ抜き(チョコレート)
衣類のシミ抜き(しょうゆ)
衣類のシミ抜き(口紅)
衣類のシミ抜き(マニキュア)
衣類のシミ抜き(ボールペン)
衣類のシミ抜き(鉛筆)
衣類のシミ抜き(朱肉)
衣類のシミ抜き(接着剤)
頑固なシミ落とし(泥汚れ)
頑固なシミ落とし(汗・黄ばみ)
頑固なシミ落とし(サビ)
頑固なシミ落とし(カビ)
頑固なシミ落とし(カレー)

衣類の洗濯方法>正しいシーツの洗濯方法

<正しいシーツの洗濯方法>
シーツは綿100%や綿とポリエステルなど
の場合がほとんどなので家庭で洗えます。

1、シミをとる
シーツは肌が直接触れる部分に
皮脂汚れがおおく付きます。
そういった部分には、スポット洗剤や
液体洗剤、台所洗剤などをつけた
歯ブラシや綿棒でたたいて下洗いて
シミをキレイに落としておきます。

2、洗濯する
普通に洗濯してもシーツはキレイになりますが、
よりキレイにシーツを洗うためには
40℃くらいまで温度を上げて、
弱アルカリ性洗剤を使って洗濯するとより効果があります。

3、すすぐ
より白くキレイに洗いあげるために、
粉末または液体漂白剤を使用します。
洗濯後、じゃばら干しでシーツを乾燥させます。

<正しいバスタオルの洗濯方法>
バスタオルはほとんど綿100%か
綿主体の場合がほとんどなので普通に洗濯ができます。

汚れが強い場合は、スポット洗剤や
液体洗剤または台所洗剤をつけて
5分ほで放置し、歯ブラシなどでたたいたり、
手でもんで汚れを落とします。

また、柔軟剤を使うとバスタオルは
ふんわりとした仕上がりとなります。
ですが、吸湿性が悪くなるので
注意が必要になります。

衣類の洗濯方法

頑固なシミ落とし(ガム)1
頑固なシミ落とし(ガム)2
頑固なシミ落とし(花粉)
頑固なシミ落とし(香水)
頑固なシミ落とし(ロウ)
何がついたかわからないシミ
付け置き洗いの正しい知識
衣類の正しい手洗いの方法
衣類を傷めないの脱水時間
衣類を傷めない脱水のコツ
洗濯ネットの入れ方のコツ
洗濯ネットの種類と選び方
衣類にできる花粉・黄砂対策
衣類の色移りを落とす方法
衣類のシワを防ぐ衣類の干し方
シワをなくす乾燥機の使い方
正しいワイシャツの洗濯方法
正しいセーターの洗濯方法
正しいウールセーターの洗濯方法
正しいカシミアセーターの洗濯
正しい毛布の洗濯方法
正しいシーツの洗濯方法
正しいカーテンの洗濯方法
正しいぬいぐるみの洗濯方法

その他

リンク募集中
子どもの健康を考えよう! アスペルガー症候群の症状