衣類の洗濯方法

トップページ
衣類を脱いだらすること
衣類からシミをとるメカニズム
衣類の水溶性のシミ
衣類の油溶性・不溶性のシミ
衣類のシミ抜きに使う道具
衣類のシミ抜きに使う主な洗剤
これがあればシミ抜きは完璧1
これがあればシミ抜きは完璧2
シミ抜きをする前のポイント
シミ抜きをする時のポイント
衣類のシミ抜き(血液の場合)
衣類のシミ抜き(汗・尿)
衣類のシミ抜き(焼き肉のたれ)
衣類のシミ抜き(チョコレート)
衣類のシミ抜き(しょうゆ)
衣類のシミ抜き(口紅)
衣類のシミ抜き(マニキュア)
衣類のシミ抜き(ボールペン)
衣類のシミ抜き(鉛筆)
衣類のシミ抜き(朱肉)
衣類のシミ抜き(接着剤)
頑固なシミ落とし(泥汚れ)
頑固なシミ落とし(汗・黄ばみ)
頑固なシミ落とし(サビ)
頑固なシミ落とし(カビ)
頑固なシミ落とし(カレー)

衣類の洗濯方法>正しい毛布の洗濯方法

<正しい毛布の洗濯方法>
ほとんどの場合、毛布は家庭で洗う事ができます。
粉末の洗濯洗剤で洗濯すると
溶け残りがつくことがありますので、
液体洗剤で洗濯することをおすすめします。

また、毛布を家庭で洗濯する場合は、
干す時に毛並みを整えておくと
仕上がりがキレイになります。
アクリル毛布と綿毛布は同じ洗い方で
問題はありません。

ですが、綿素材の毛布の場合は、
アクリル素材のものと比べて
乾燥させるのに時間がかかり、
色が出るケースあるので注意が必要です。

1、洗濯の事前準備
自宅の洗濯機についていれば毛布洗いコースを
洗濯しておいてください。
そのコースがない場合は、洗い10分、
すすぎ2分に設定しておいてください。

2、ネットに入れる
毛布の大きさに合った洗濯ネットに
毛布を入れ、洗濯槽にいれます。
脱水中に毛布がバランスよく
脱水できないことがあるので注意が必要です。
また、すすぎ後に柔軟剤を使用すると、
手触りがよくなります。

3、毛並みを整える
洗濯機から毛布をとりだし、
物干しに干したら終わりです。
このとき毛布の毛並みを手で
サッと整えるとキレイに仕上がります。

衣類の洗濯方法

頑固なシミ落とし(ガム)1
頑固なシミ落とし(ガム)2
頑固なシミ落とし(花粉)
頑固なシミ落とし(香水)
頑固なシミ落とし(ロウ)
何がついたかわからないシミ
付け置き洗いの正しい知識
衣類の正しい手洗いの方法
衣類を傷めないの脱水時間
衣類を傷めない脱水のコツ
洗濯ネットの入れ方のコツ
洗濯ネットの種類と選び方
衣類にできる花粉・黄砂対策
衣類の色移りを落とす方法
衣類のシワを防ぐ衣類の干し方
シワをなくす乾燥機の使い方
正しいワイシャツの洗濯方法
正しいセーターの洗濯方法
正しいウールセーターの洗濯方法
正しいカシミアセーターの洗濯
正しい毛布の洗濯方法
正しいシーツの洗濯方法
正しいカーテンの洗濯方法
正しいぬいぐるみの洗濯方法

その他

リンク募集中
家づくりを失敗しない方法!
更年期障害の症状をチェック