衣類の洗濯方法

トップページ
衣類を脱いだらすること
衣類からシミをとるメカニズム
衣類の水溶性のシミ
衣類の油溶性・不溶性のシミ
衣類のシミ抜きに使う道具
衣類のシミ抜きに使う主な洗剤
これがあればシミ抜きは完璧1
これがあればシミ抜きは完璧2
シミ抜きをする前のポイント
シミ抜きをする時のポイント
衣類のシミ抜き(血液の場合)
衣類のシミ抜き(汗・尿)
衣類のシミ抜き(焼き肉のたれ)
衣類のシミ抜き(チョコレート)
衣類のシミ抜き(しょうゆ)
衣類のシミ抜き(口紅)
衣類のシミ抜き(マニキュア)
衣類のシミ抜き(ボールペン)
衣類のシミ抜き(鉛筆)
衣類のシミ抜き(朱肉)
衣類のシミ抜き(接着剤)
頑固なシミ落とし(泥汚れ)
頑固なシミ落とし(汗・黄ばみ)
頑固なシミ落とし(サビ)
頑固なシミ落とし(カビ)
頑固なシミ落とし(カレー)

衣類の洗濯方法>洗濯ネットの種類と選び方

<衣類をキレイに保つ洗濯ネットの種類>
デリケートな衣類を守るための洗濯ネットは
衣類に合った大きさや形のものなど
さまざまな洗濯ネットが販売されています。

・目の粗い洗濯ネット
衣類が絡まりにくく、
洗濯時の衣類の破れなどから
衣類を守ります。
目が他の洗濯ネットより粗い分、
細かい目の洗濯ネットより
衣類の汚れはキレイに落ちます。

・目の細かい洗濯ネット
ししゅうやラメ、スパンコール、ビーズなどの
飾りのついた衣類を洗濯する時に、
目の細かい洗濯ネットを使用し飾りを保護します。

また、色落ちが気になる衣類の時にも
目の細かい洗濯ネットに入れて
洗濯をすると衣類への色移りはかなり防止できます。
ですが、目の粗い洗濯ネットに入れて
洗濯するのと比べると、目が細かい分
キレイに汚れは落ちません。

・ブラジャー用の洗濯ネット
ネットに入れずブラジャーを洗濯すると
ワイヤーやカップが変形してしまい、
すぐにブラジャーが悪くなってしまいます。
ブラジャー用の洗濯ネットに入れて
ブラジャーを洗濯すると、
ワイヤーやカップの型崩れを
かなり防止することができます。

・大物用の洗濯ネット
毛布やタオルケット、大きな衣類を洗う時に使う、
他の洗濯ネットより大きいものです。

衣類の洗濯方法

頑固なシミ落とし(ガム)1
頑固なシミ落とし(ガム)2
頑固なシミ落とし(花粉)
頑固なシミ落とし(香水)
頑固なシミ落とし(ロウ)
何がついたかわからないシミ
付け置き洗いの正しい知識
衣類の正しい手洗いの方法
衣類を傷めないの脱水時間
衣類を傷めない脱水のコツ
洗濯ネットの入れ方のコツ
洗濯ネットの種類と選び方
衣類にできる花粉・黄砂対策
衣類の色移りを落とす方法
衣類のシワを防ぐ衣類の干し方
シワをなくす乾燥機の使い方
正しいワイシャツの洗濯方法
正しいセーターの洗濯方法
正しいウールセーターの洗濯方法
正しいカシミアセーターの洗濯
正しい毛布の洗濯方法
正しいシーツの洗濯方法
正しいカーテンの洗濯方法
正しいぬいぐるみの洗濯方法

その他

リンク募集中
子どもの性格と育て方!
衣類の洗濯・染み抜き