衣類の洗濯方法

トップページ
衣類を脱いだらすること
衣類からシミをとるメカニズム
衣類の水溶性のシミ
衣類の油溶性・不溶性のシミ
衣類のシミ抜きに使う道具
衣類のシミ抜きに使う主な洗剤
これがあればシミ抜きは完璧1
これがあればシミ抜きは完璧2
シミ抜きをする前のポイント
シミ抜きをする時のポイント
衣類のシミ抜き(血液の場合)
衣類のシミ抜き(汗・尿)
衣類のシミ抜き(焼き肉のたれ)
衣類のシミ抜き(チョコレート)
衣類のシミ抜き(しょうゆ)
衣類のシミ抜き(口紅)
衣類のシミ抜き(マニキュア)
衣類のシミ抜き(ボールペン)
衣類のシミ抜き(鉛筆)
衣類のシミ抜き(朱肉)
衣類のシミ抜き(接着剤)
頑固なシミ落とし(泥汚れ)
頑固なシミ落とし(汗・黄ばみ)
頑固なシミ落とし(サビ)
頑固なシミ落とし(カビ)
頑固なシミ落とし(カレー)

衣類の洗濯方法>衣類のシミ抜き(汗・尿)

<衣類のシミ抜き(汗や尿の場合)>
汗や尿による衣類のシミは、
軽い汚れならばいつものように
洗うだけでも十分落ちますが、
時間がたってしまうと、
黄ばんでしまいなかなか落ちません。
すぐにシミ抜きを行いましょう。

1、シミに漂白剤を塗る
タオルをひき、その上に
シミができてしまった衣類を置きます。
衣類のシミができた部分に
漂白剤を霧吹きなどで吹きつけます。

2、しばらく放置
漂白剤をぬった後は、
しばらくそのまま放置します。
そうすると漂白剤が衣類によくなじみ
衣類のシミがよく落ちます。

3、黄ばんでしまっていたら付け置き
汗や尿によるシミは黄ばんでしまい、
漂白剤をつけただけでは衣類のシミが
落とせないことがあります。
そういった場合は、洗面器や桶などに
40度くらいの湯と液体酸素系漂白剤を
規定量〜規定量の2倍ほど入れ、
ここにシミができてしまった衣類を付け置きします。
2時間以上付け置きをしないように
注意して下さい。

4、洗濯
付け置きした衣類を洗浄液と一緒に
衣類に合った方法で洗濯をします。

※衣類にシミがとれた段階で
早めに漂白処理を終了して下さい。
あまり長く衣類の漂白処理をすると
衣類の色落ちや脱色の原因となってしまいます。

衣類の洗濯方法

頑固なシミ落とし(ガム)1
頑固なシミ落とし(ガム)2
頑固なシミ落とし(花粉)
頑固なシミ落とし(香水)
頑固なシミ落とし(ロウ)
何がついたかわからないシミ
付け置き洗いの正しい知識
衣類の正しい手洗いの方法
衣類を傷めないの脱水時間
衣類を傷めない脱水のコツ
洗濯ネットの入れ方のコツ
洗濯ネットの種類と選び方
衣類にできる花粉・黄砂対策
衣類の色移りを落とす方法
衣類のシワを防ぐ衣類の干し方
シワをなくす乾燥機の使い方
正しいワイシャツの洗濯方法
正しいセーターの洗濯方法
正しいウールセーターの洗濯方法
正しいカシミアセーターの洗濯
正しい毛布の洗濯方法
正しいシーツの洗濯方法
正しいカーテンの洗濯方法
正しいぬいぐるみの洗濯方法

その他

リンク募集中
子どもの健康を考えよう! アスペルガー症候群の症状