衣類の洗濯方法

トップページ
衣類を脱いだらすること
衣類からシミをとるメカニズム
衣類の水溶性のシミ
衣類の油溶性・不溶性のシミ
衣類のシミ抜きに使う道具
衣類のシミ抜きに使う主な洗剤
これがあればシミ抜きは完璧1
これがあればシミ抜きは完璧2
シミ抜きをする前のポイント
シミ抜きをする時のポイント
衣類のシミ抜き(血液の場合)
衣類のシミ抜き(汗・尿)
衣類のシミ抜き(焼き肉のたれ)
衣類のシミ抜き(チョコレート)
衣類のシミ抜き(しょうゆ)
衣類のシミ抜き(口紅)
衣類のシミ抜き(マニキュア)
衣類のシミ抜き(ボールペン)
衣類のシミ抜き(鉛筆)
衣類のシミ抜き(朱肉)
衣類のシミ抜き(接着剤)
頑固なシミ落とし(泥汚れ)
頑固なシミ落とし(汗・黄ばみ)
頑固なシミ落とし(サビ)
頑固なシミ落とし(カビ)
頑固なシミ落とし(カレー)

衣類の洗濯方法>洗濯ネットの入れ方のコツ

<洗濯ネットの入れ方のコツ>
・ホックやファスナーのある衣類
ホックやファスナーのある衣類は
洗濯ネットにいれていても
他の衣類を傷つけてしまう場合があります。

なので、ホックやファスナーは
必ず閉めて洗濯をするようにしてください。

・飾りつきの衣類
プリントがついている衣類や濃い色の衣類、
ししゅうやラメやスパンコールなどの
飾りがついている衣類は、
洗濯ネットに入れて洗う時でも
衣類を裏返しにして洗うと、
衣類の生地がクッションになり
飾りなどを守ってくれます。

また、飾りだけではなく、
衣類の色あせも減らせます。

・汚れた部分がある衣類
洗濯ネットに入れて洗濯すると
衣類は傷みにくくなりますが、
汚れは落ちにくくなってしまいます。

なので洗濯ネットに衣類を入れる場合は
汚れている部分をできるだけ外側に向けて
洗濯ネットに入れてください。

・衣類に合った大きさに
洗濯ネットは衣類に合わせた
大きさのものにしてください。
また、丁度の大きさの洗濯ネットがない場合は
洗濯ネットの途中を結んで、
衣類に合わせた大きさで使っても大丈夫です。

リスを正しい知識で飼育する方法!
飼い方が難しいリスの正しい知識を学ぼう!
その飼育方法間違っていませんか??

フクロモモンガ飼う前に!値段もケージも餌もしっかりお勉強☆
まだあまりポピュラーではフクロモモンガ。
安易に手を出さないように勉強しましょう。

衣類の洗濯方法

頑固なシミ落とし(ガム)1
頑固なシミ落とし(ガム)2
頑固なシミ落とし(花粉)
頑固なシミ落とし(香水)
頑固なシミ落とし(ロウ)
何がついたかわからないシミ
付け置き洗いの正しい知識
衣類の正しい手洗いの方法
衣類を傷めないの脱水時間
衣類を傷めない脱水のコツ
洗濯ネットの入れ方のコツ
洗濯ネットの種類と選び方
衣類にできる花粉・黄砂対策
衣類の色移りを落とす方法
衣類のシワを防ぐ衣類の干し方
シワをなくす乾燥機の使い方
正しいワイシャツの洗濯方法
正しいセーターの洗濯方法
正しいウールセーターの洗濯方法
正しいカシミアセーターの洗濯
正しい毛布の洗濯方法
正しいシーツの洗濯方法
正しいカーテンの洗濯方法
正しいぬいぐるみの洗濯方法

その他

リンク募集中
子どもにも権利はある!