衣類の洗濯方法

トップページ
衣類を脱いだらすること
衣類からシミをとるメカニズム
衣類の水溶性のシミ
衣類の油溶性・不溶性のシミ
衣類のシミ抜きに使う道具
衣類のシミ抜きに使う主な洗剤
これがあればシミ抜きは完璧1
これがあればシミ抜きは完璧2
シミ抜きをする前のポイント
シミ抜きをする時のポイント
衣類のシミ抜き(血液の場合)
衣類のシミ抜き(汗・尿)
衣類のシミ抜き(焼き肉のたれ)
衣類のシミ抜き(チョコレート)
衣類のシミ抜き(しょうゆ)
衣類のシミ抜き(口紅)
衣類のシミ抜き(マニキュア)
衣類のシミ抜き(ボールペン)
衣類のシミ抜き(鉛筆)
衣類のシミ抜き(朱肉)
衣類のシミ抜き(接着剤)
頑固なシミ落とし(泥汚れ)
頑固なシミ落とし(汗・黄ばみ)
頑固なシミ落とし(サビ)
頑固なシミ落とし(カビ)
頑固なシミ落とし(カレー)

衣類の洗濯方法>衣類を傷めない脱水のコツ

<衣類を傷めないための脱水のコツ>
・脱水途中で一時停止させる
この方法は実際にプロも使っている方法です。
洗濯機が高速回転に入ったところで、
数分後に一時停止ボタンを押して脱水をとめます。

その時に衣類の形を変えて再び脱水をします。
この作業を繰り返すと、脱水時間を少なくしても
水気がぼとぼとせずにしぼることができます。

またシワもつきにくく、より衣類を傷めずに
脱水をすることができます。

・タオルドライをする
シルク素材やアセテートなどの
薄手のデリケートな素材の衣類や、
ランジェリーなどの型くずれしやすい
衣類の場合は、洗濯機で脱水をせず
タオルドライをすることをおすすめします。

タオルドライとは、型崩れが心配な衣類や、
デリケートな素材の衣類を、
乾いたタオルでつつんで押したり、
丸めたり、たたいたり、ふんだりして
水気をタオルに吸い込ませる方法です。

・洗濯ネットを使う
シワを防ぎたい衣類を洗濯ネットに入れて
そのまま他の衣類と一緒に洗濯します。

洗濯の工程が終わったら洗濯ネットの衣類のみ
先に出し、シワを伸ばして干します。
他の衣類は設定した時間で脱水します。

衣類の洗濯方法

頑固なシミ落とし(ガム)1
頑固なシミ落とし(ガム)2
頑固なシミ落とし(花粉)
頑固なシミ落とし(香水)
頑固なシミ落とし(ロウ)
何がついたかわからないシミ
付け置き洗いの正しい知識
衣類の正しい手洗いの方法
衣類を傷めないの脱水時間
衣類を傷めない脱水のコツ
洗濯ネットの入れ方のコツ
洗濯ネットの種類と選び方
衣類にできる花粉・黄砂対策
衣類の色移りを落とす方法
衣類のシワを防ぐ衣類の干し方
シワをなくす乾燥機の使い方
正しいワイシャツの洗濯方法
正しいセーターの洗濯方法
正しいウールセーターの洗濯方法
正しいカシミアセーターの洗濯
正しい毛布の洗濯方法
正しいシーツの洗濯方法
正しいカーテンの洗濯方法
正しいぬいぐるみの洗濯方法

その他

リンク募集中
名古屋市北部のラーメン屋
名古屋市南部のラーメン屋