衣類の洗濯方法

トップページ
衣類を脱いだらすること
衣類からシミをとるメカニズム
衣類の水溶性のシミ
衣類の油溶性・不溶性のシミ
衣類のシミ抜きに使う道具
衣類のシミ抜きに使う主な洗剤
これがあればシミ抜きは完璧1
これがあればシミ抜きは完璧2
シミ抜きをする前のポイント
シミ抜きをする時のポイント
衣類のシミ抜き(血液の場合)
衣類のシミ抜き(汗・尿)
衣類のシミ抜き(焼き肉のたれ)
衣類のシミ抜き(チョコレート)
衣類のシミ抜き(しょうゆ)
衣類のシミ抜き(口紅)
衣類のシミ抜き(マニキュア)
衣類のシミ抜き(ボールペン)
衣類のシミ抜き(鉛筆)
衣類のシミ抜き(朱肉)
衣類のシミ抜き(接着剤)
頑固なシミ落とし(泥汚れ)
頑固なシミ落とし(汗・黄ばみ)
頑固なシミ落とし(サビ)
頑固なシミ落とし(カビ)
頑固なシミ落とし(カレー)

衣類の洗濯方法>シミ抜きをする時のポイント

<衣類のシミ抜きをするときのポイント>
1、すぐシミ抜き
衣類にシミがついてしまったら
すぐにシミ抜きをしましょう。
衣類のシミは吸気と反応して、
時間がたつにつれてシミが
落ちにくくなり黄ばんでしまいます。

変色した衣類の黄ばみは
漂白剤を使わなければ落ちないシミです。
ですが、衣類のシミを漂白剤を使い落とす際に、
衣類の繊維が破れることがあります。

衣類にシミがついてしまったら、
黄ばみになる前に大急処置をするか、
すぐに衣類のシミ抜きを行ってください。

2、衣類をこすらない
衣類にシミがつくと焦って落とそうとして
強くこすってしまうことがありますが、
それは衣類の繊維を傷つけてしまったり、
擦れが発生してしまいます。

なので衣類のシミ抜きの際はこするのではなく、
優しくたたくのが基本となります。
特に麻やシルクは注意して行ってください。

3、色落ちに注意
衣類の素材や種類によって、
水に色が抜け出してしまうことがあります。

また、衣類だけではなく衣類についている
ボタンなどの飾りも長時間漂白すると
色が落ちてしまうことがあります。

必ずシミ抜きの作業中でも色落ちし始めたら
中断して、クリーニングへもっていき
プロに任せましょう。

色落ちをするか見た目だけだはプロでも
判断が難しいと言われています。
衣類のシミ抜きをする前に
チャックしておくといいてす。

衣類の洗濯方法

頑固なシミ落とし(ガム)1
頑固なシミ落とし(ガム)2
頑固なシミ落とし(花粉)
頑固なシミ落とし(香水)
頑固なシミ落とし(ロウ)
何がついたかわからないシミ
付け置き洗いの正しい知識
衣類の正しい手洗いの方法
衣類を傷めないの脱水時間
衣類を傷めない脱水のコツ
洗濯ネットの入れ方のコツ
洗濯ネットの種類と選び方
衣類にできる花粉・黄砂対策
衣類の色移りを落とす方法
衣類のシワを防ぐ衣類の干し方
シワをなくす乾燥機の使い方
正しいワイシャツの洗濯方法
正しいセーターの洗濯方法
正しいウールセーターの洗濯方法
正しいカシミアセーターの洗濯
正しい毛布の洗濯方法
正しいシーツの洗濯方法
正しいカーテンの洗濯方法
正しいぬいぐるみの洗濯方法

その他

リンク募集中
名古屋市中区のラーメン屋
妊娠の初期症状