衣類の洗濯方法

トップページ
衣類を脱いだらすること
衣類からシミをとるメカニズム
衣類の水溶性のシミ
衣類の油溶性・不溶性のシミ
衣類のシミ抜きに使う道具
衣類のシミ抜きに使う主な洗剤
これがあればシミ抜きは完璧1
これがあればシミ抜きは完璧2
シミ抜きをする前のポイント
シミ抜きをする時のポイント
衣類のシミ抜き(血液の場合)
衣類のシミ抜き(汗・尿)
衣類のシミ抜き(焼き肉のたれ)
衣類のシミ抜き(チョコレート)
衣類のシミ抜き(しょうゆ)
衣類のシミ抜き(口紅)
衣類のシミ抜き(マニキュア)
衣類のシミ抜き(ボールペン)
衣類のシミ抜き(鉛筆)
衣類のシミ抜き(朱肉)
衣類のシミ抜き(接着剤)
頑固なシミ落とし(泥汚れ)
頑固なシミ落とし(汗・黄ばみ)
頑固なシミ落とし(サビ)
頑固なシミ落とし(カビ)
頑固なシミ落とし(カレー)

衣類の洗濯方法>衣類を傷めないの脱水時間

<衣類を傷めないための脱水時間>
衣類の水をしぼることを脱水と言います。
この脱水の正しい知識をもっているだけで
衣類は長持ちし、手間もはぶくことができます。

いつも洗濯機のノーマルコースの通りにしか
脱水を行ったことのない人や、
衣類が乾きずらい時期は脱水時間を
長くする人も多いと思います。
ですがそれは大きな間違いです。

衣類の繊維や種類により差はありますが、
脱水は30秒〜1分で含んでいる水分は
ほとんどをしぼれています。

また脱水の1分以降は、それ以上長く
脱水しても劇的な変化はありません。
むしろ、脱水時間が長くなればなるほど
衣類のシワの原因となります。

衣類によってはシワシワになって、
アイロンがけの余分な手間がかかったり、
衣類の生地が傷んでしまう事もあります。

なので今日からの洗濯はノーマルコースをやめて
できるだけ脱水の時間を短して、
衣類が傷めず、衣類を長持ちさせるために
脱水方法に見直し、間違った洗濯方法を
変えて行きましょう。

脱水方法ひとつ見直すだけで、
毎日の洗濯はずいぶん変わると思います。



ハリネズミをペットに飼育する方法
ペットにはかなり珍しいハリネズミを飼育してみませんか?
愛くるしいしぐさに目が離せなくなりますよ☆

インコの飼い方を知ろう!
初心者でもインコの事がわかりやすいように、
種類、選び方、飼い方、エサ、小屋などを紹介。

衣類の洗濯方法

頑固なシミ落とし(ガム)1
頑固なシミ落とし(ガム)2
頑固なシミ落とし(花粉)
頑固なシミ落とし(香水)
頑固なシミ落とし(ロウ)
何がついたかわからないシミ
付け置き洗いの正しい知識
衣類の正しい手洗いの方法
衣類を傷めないの脱水時間
衣類を傷めない脱水のコツ
洗濯ネットの入れ方のコツ
洗濯ネットの種類と選び方
衣類にできる花粉・黄砂対策
衣類の色移りを落とす方法
衣類のシワを防ぐ衣類の干し方
シワをなくす乾燥機の使い方
正しいワイシャツの洗濯方法
正しいセーターの洗濯方法
正しいウールセーターの洗濯方法
正しいカシミアセーターの洗濯
正しい毛布の洗濯方法
正しいシーツの洗濯方法
正しいカーテンの洗濯方法
正しいぬいぐるみの洗濯方法

その他

リンク募集中
法律でトラブルを回避