衣類の洗濯方法

トップページ
衣類を脱いだらすること
衣類からシミをとるメカニズム
衣類の水溶性のシミ
衣類の油溶性・不溶性のシミ
衣類のシミ抜きに使う道具
衣類のシミ抜きに使う主な洗剤
これがあればシミ抜きは完璧1
これがあればシミ抜きは完璧2
シミ抜きをする前のポイント
シミ抜きをする時のポイント
衣類のシミ抜き(血液の場合)
衣類のシミ抜き(汗・尿)
衣類のシミ抜き(焼き肉のたれ)
衣類のシミ抜き(チョコレート)
衣類のシミ抜き(しょうゆ)
衣類のシミ抜き(口紅)
衣類のシミ抜き(マニキュア)
衣類のシミ抜き(ボールペン)
衣類のシミ抜き(鉛筆)
衣類のシミ抜き(朱肉)
衣類のシミ抜き(接着剤)
頑固なシミ落とし(泥汚れ)
頑固なシミ落とし(汗・黄ばみ)
頑固なシミ落とし(サビ)
頑固なシミ落とし(カビ)
頑固なシミ落とし(カレー)

衣類の洗濯方法>付け置き洗いの正しい知識

<付け置き洗いの正しい知識>
ひどい汚れやシミがある場合に漂白剤につけたり、
デリケートな衣類を洗う際に、
やさしく手で洗う方法です。

洗面器や桶に洗濯液と衣類を入れて
やさしく押すだけで、
洗濯機で洗う時とは違う
最もデリケートな衣類の洗い方です。

付け置き時間は基本的には5〜10分ですが、
汚れがひどい衣類の場合は長めに付け置きをします。

ですが、色柄物の衣類の場合は
長く付け置きしておくと
色落ちしてしまう可能性があります。
なので長い時間付け置きする場合は、
こまめに色落ちしていないかチェックしながら
付け置きをするといいです。

〜付け置き洗いをしたほうがいいパターン〜
・デリケートな衣類
ドライマークが付いている場合は
付け置き洗いをしてください。

・汚れがひどい衣類
温度を上げて、アルカリ性を上げて、
漂白税を使用する場合は、
付け置き洗いをしてください。

・全体的に黄ばんでいる衣類
温度を上げて、漂白剤を症する場合は、
付け置き洗いをしてください。

衣類の洗濯方法

頑固なシミ落とし(ガム)1
頑固なシミ落とし(ガム)2
頑固なシミ落とし(花粉)
頑固なシミ落とし(香水)
頑固なシミ落とし(ロウ)
何がついたかわからないシミ
付け置き洗いの正しい知識
衣類の正しい手洗いの方法
衣類を傷めないの脱水時間
衣類を傷めない脱水のコツ
洗濯ネットの入れ方のコツ
洗濯ネットの種類と選び方
衣類にできる花粉・黄砂対策
衣類の色移りを落とす方法
衣類のシワを防ぐ衣類の干し方
シワをなくす乾燥機の使い方
正しいワイシャツの洗濯方法
正しいセーターの洗濯方法
正しいウールセーターの洗濯方法
正しいカシミアセーターの洗濯
正しい毛布の洗濯方法
正しいシーツの洗濯方法
正しいカーテンの洗濯方法
正しいぬいぐるみの洗濯方法

その他

リンク募集中
ヨガでダイエット
iphoneを使いこなす!