衣類の洗濯方法

トップページ
衣類を脱いだらすること
衣類からシミをとるメカニズム
衣類の水溶性のシミ
衣類の油溶性・不溶性のシミ
衣類のシミ抜きに使う道具
衣類のシミ抜きに使う主な洗剤
これがあればシミ抜きは完璧1
これがあればシミ抜きは完璧2
シミ抜きをする前のポイント
シミ抜きをする時のポイント
衣類のシミ抜き(血液の場合)
衣類のシミ抜き(汗・尿)
衣類のシミ抜き(焼き肉のたれ)
衣類のシミ抜き(チョコレート)
衣類のシミ抜き(しょうゆ)
衣類のシミ抜き(口紅)
衣類のシミ抜き(マニキュア)
衣類のシミ抜き(ボールペン)
衣類のシミ抜き(鉛筆)
衣類のシミ抜き(朱肉)
衣類のシミ抜き(接着剤)
頑固なシミ落とし(泥汚れ)
頑固なシミ落とし(汗・黄ばみ)
頑固なシミ落とし(サビ)
頑固なシミ落とし(カビ)
頑固なシミ落とし(カレー)

衣類の洗濯方法>衣類からシミをとるメカニズム

<シミ抜きとは?>
シミ抜きとは、衣類などに部分的についた
汚れ(食べ物など)た部分を薬剤で
落とすといった作業の事です。

シミ抜きにまず大切なことは、
洗濯する前にシミ抜きをするという事です。
洗濯する前にシミ抜きをしておくことで、
一回の洗濯で衣類はキレイになり、
余分な手間や時間をなくすことができます。

また、洗濯して乾かした後よりも、
洗濯する前の衣類のほうが
汚れが落ちやすいからです。

ただし、シミ抜き後、衣類を洗濯しておかないと
完全にシミが落ち切らず、
輪のようにシミが残ってしまいます。
輪シミを残さないために、
シミ抜き後はすぐに洗濯をしてください。

〜衣類のシミをとるメカニズム〜
シミ抜きをする上で大切なことは、
生地を傷めずにどうシミをキレイに抜くか、
どのようなシミ抜き剤を使用するかということです。

シミにはさまざまな種類があります。
それぞれのシミにあった薬剤を使って
シミをとり除かなくてはいけません。

また、シミ抜きの際には、薬剤だけではなく
もみほぐしなど物理的な力や、
温度などをさらに加えることによって
シミの分子は小さく分散して、
より衣類の汚れが落ちやすくなります。

子どもの性格と育て方!
きょうだいの性格を理解して仲良い関係を築こう!
しっかりとした育て方をお教えします!

アスペルガー症候群の症状を知る!
簡単なテストで診断してみませんか?
自分や子供が当てはまったら要注意!!

衣類の洗濯方法

頑固なシミ落とし(ガム)1
頑固なシミ落とし(ガム)2
頑固なシミ落とし(花粉)
頑固なシミ落とし(香水)
頑固なシミ落とし(ロウ)
何がついたかわからないシミ
付け置き洗いの正しい知識
衣類の正しい手洗いの方法
衣類を傷めないの脱水時間
衣類を傷めない脱水のコツ
洗濯ネットの入れ方のコツ
洗濯ネットの種類と選び方
衣類にできる花粉・黄砂対策
衣類の色移りを落とす方法
衣類のシワを防ぐ衣類の干し方
シワをなくす乾燥機の使い方
正しいワイシャツの洗濯方法
正しいセーターの洗濯方法
正しいウールセーターの洗濯方法
正しいカシミアセーターの洗濯
正しい毛布の洗濯方法
正しいシーツの洗濯方法
正しいカーテンの洗濯方法
正しいぬいぐるみの洗濯方法

その他

リンク募集中
衣類の洗濯・染み抜き