腎臓病改善は食事制限が基本。そしてクレアギニンEXなどのサプリも有効

腎臓病のうち慢性腎臓病(2002年に、米国腎臓財団が提唱した概念です)については、腎機能の修復が難しいので、大抵は体内のカリウムを排泄する働きが低下していき、カリウムの摂取と排泄のバランスを維持するために、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。野菜(不足がちだといわれていますね。でも、市販の野菜ジュースではあまり栄養素が摂れないという説もあります)や果物のエキスを凝縮した野菜(不足がちだといわれていますね。でも、市販の野菜ジュースではあまり栄養素が摂れないという説もあります)ジュースは、生のままの野菜(不足がちだといわれていますね。でも、市販の野菜ジュースではあまり栄養素が摂れないという説もあります)や果物と比較すると多量のカリウムがふくまれています。そのため、腎機能障害のある患者さんが、野菜(不足がちだといわれていますね。でも、市販の野菜ジュースではあまり栄養素が摂れないという説もあります)ジュースを常時摂取している場合には高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっています。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿をつくり機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、その他、電解質の安定を保ったり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の調整を行ったり、赤血球をつくり出したり、私立ちの体のために重要な役割を担っています。腎臓の治療はもちろん病院にきて似つかわしい治療を受けることも先決ですが、日々のご飯や生活の習慣を見直すことが不可欠です。体の三大栄養素として糖質・たんぱく質・脂質が挙げられます。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質は分解されると7~8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に腎臓に負担がかかります。そのため、たんぱく質の制限が必要となるんです。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg換算0.6g/日であり、一日換算で約30g~40gです。ご飯によって獲得したたんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、残った老廃物は尿と一緒に体外へ出されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓への負担が増えてしまいます。腎機能を維持する上で、無用なたんぱく質は摂らない方がいいのです。ですが、たんぱく質は人体にとって必要不可欠な栄養源なので、一定値は摂取しないといけません。たんぱく質の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになります。60kg前後を標準体重とすると、おおかた必要な蛋白摂取量は、一日50gです。食品における蛋白含有量を知りたければよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。これらのご飯療法については、栄養士からのご飯指導で色々な工夫について知ることができるんです。もし開業医さんでご飯指導まで行き届かない場合は、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介して貰い、専門的な意見をもらってもよいでしょう。腎臓病のご飯療法の目的は、腎臓病の悪化を食い止める事と、健康状態の維持になります。透析が必要無い保存期の間は、ご飯療法を試みる事で腎不全の進行をスローペースにし、透析を要する時期を極力遅くできます。また、透析導入後も、体調を保ちながら安定して透析を続けていくために、ご飯療法は非常に重要な治療法です。カリウムは水に流出しやすいので野菜(不足がちだといわれていますね。でも、市販の野菜ジュースではあまり栄養素が摂れないという説もあります)・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、個々の食品や調理を行なう際の水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、加えて搾る作業を行なう事で、カリウムは減らしていけます。CKDの治療には薬物治療とご飯療法がメインとなり、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。減塩と蛋白制限がご飯療法の要となり、高血圧治療を容易にするには減塩食がふさわしく、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値はCKDステージ3に対して推奨されたものですが、この量は日本人の平均的な塩分・蛋白のおよそ半分にあたるため、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、その他にもカロリーが不足するなどで、ナカナカ実践に踏み切れない方も多く存在します。肉や魚その他卵や豆腐はまあまあな量のたんぱく質があり、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が必要です。甘い味付けの食べ物には思ったより多量のたんぱく質が入っています。お菓子の種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、基準値を超えたたんぱく質を摂取する事になります。例を挙げますと、ドーナツ1つ当たりには卵1個分と同程度のたんぱく質がふくまれます。日常の食生活において何をどのくらい摂取すればよいのか、どのようにして献立を考えたらよいか、各々に応じた食塩の抑え方などを指導します。低たんぱくご飯療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、それに必要な紹介や説明もしていきます。具体的に患者さんがどのくらいのたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、たんぱく質や食塩の摂取量を分析できます。PR:腎臓病 クレアギニンEX