腎臓病食の宅配サービスはネットのランキングで決める!

食事で摂取し立たんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。血液は腎臓でろ過され、不要な老廃物は尿として体外に追い出されます。腎機能の低下が進行(糸球体濾過量が15mL/分/1.73㎡未満)していくと、透析導入が選択肢のひとつとなります。透析導入後、摂取たんぱく質、水分、塩分などを調整することによって、腎臓のさらなる悪化を抑制し、透析から次回の透析までの間の体調を整え、透析時の負担を軽減させるのが食事療法の目的です。たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓への負担が増えてしまいます。腎機能を正常に保つために、無用なたんぱく質は摂らない方が良いのです。けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、不足しないように補給する重要があるんです。慢性腎臓病の食事療法・食事制限が上手くいくと、体内に老廃物や毒素は蓄積されていきません。老廃物が残らない状態になれば尿毒症を未然に防ぎ、慢性腎臓病の症状進行のペースを遅くできます。そうとう上手くいった場合、慢性腎臓病の進行が止まったと言っていい程遅らせられるようになります。食事療法は難しいと思われがちですが、決して病理制限の内容が難しいと言う事ではありません。食事療法・食事制限と言うのは、患者が自主的に実行できる一番の治療行為です。体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質に関しては分解する事で7~8割は窒素を含んだ老廃物となり排泄する際、腎臓に負担を与えてしまいます。そのため、たんぱく質の病理制限が重要となります。体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kg当たり0.6g/日もとめられ、一日分で捉えれば30~40g程と言えます。肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。甘いものには意外に多くのたんぱく質が入っていたりします。お菓子の種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、余分なたんぱく質を摂取する事となります。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個相当のたんぱく質が内包されています。クレアチニンは筋肉中の物質からできる老廃物で、腎臓に達してろ過された後他の老廃物共々、尿中に排出されます。クレアチニン量は、個人の筋肉や運動量に付随します。故に、大抵の場合男性の方が高めの数値が出るようなのです。筋肉が衰えてくると、当然クレアチニンの数値も下がります。その他で言うと、妊娠時には、尿といっしょに出されるクレアチニンの量が多くなるために、本来の値よりクレアチニン量が低下します。慢性腎臓病における食事療法・食事制限の意味合いは、腎臓病の症状進行を食い止める事と、健康状態の維持になります。人工透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、食事療法・食事制限によって腎不全の進行ペースを抑えられ、結果的に透析を開始する時期を遅くできます。また、透析導入後も、できる限り健康体で人工透析をするために、食事療法・食事制限は重要不可欠です。慢性腎臓病では 糸球体がおかされるために血流が悪くなり、ナトリウムや水分が体外へ排出しづらくなります。この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物に関しても、体内に増えてきます。このような状況になると、血液内に窒素が増えていき、尿毒症の誘因になったり、ナトリウム濃度が増加し高血圧を引き起こす危険性が出てきます。ですから適正な食事療法・食事制限を行い、水分・塩分・蛋白質・エネルギーについて一定値常にキープする事が入り用なのです。腎臓病と格闘する方に有用な、低たんぱく質で済む特定な食品が製造されています。こうした製品を上手く活用する事で徹底した食事管理を行なえます。腎臓機能が下がっていくに従い、今よりも力を入れて食事を管理する重要があるんです。更に、糖尿病の症状もあるのなら血糖値を悪くしないために、エネルギー病理制限ももとめられます。食事内容は自己流で判断せずに、専門の知識を有する管理栄養士や医師の指導の元メニューを決めるようにしましょう。カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を含んだ食事を造る場合、細かく切り分けて茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、食品の分類や調理を実行する際の処理時間や形状・水量により違いが出ます。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、ちゃんと搾るようにすれば、それだけ効果は期待できます。浮腫が酷かったり尿の量が少なすぎる場合、塩分と水分の病理制限を設ける重要性が出てきます。このような場合、飲み水だけにあらず、食品にふくまれる水分量もふくめます。浮腫の程度が軽かったり存在しないのであれば塩分の病理制限のみで済みます。水分量の病理制限については病状や尿量を踏まえて医師が決めます。脱水は腎臓機能を症状進行させる要因になるので自身のみの判断で病理制限をおこなうのは宜しくありません。
もっと詳しく⇒腎臓病食事 宅配ランキング