腎臓病の食事療法はたんぱく質の摂取量を抑えることが重要!

肉類や魚類その他玉子や豆類はかなりな量のたんぱく質があり、食べ過ぎに注意が重要な食品です。甘い食べ物に関しても案外多くのたんぱく質が入っていたりします。オヤツの種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、たんぱく質をとりすぎてしまう可能性があるようです。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個程のたんぱく質が含有されています。腎臓病に罹ると糸球体にダメージが出るので本来通り血流が成されずに、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物に関しても、体内に加算されていきます。結果として、血液中の窒素量が多くなり、尿毒症の原因となったり、ナトリウムの数値が通常より増して高血圧(収縮期血圧・最高血圧と拡張期血圧・最低血圧を測定することで、健康状態を検査します)を起こす危険性が高まります。ですから適正な食事療法を行ない、水分・塩分・蛋白質・エネルギーについて一定値常にキープする事が入り用なのです。浮腫が際立っていたり尿量が明らかに少ない場合、塩分と水分の病理制限を設ける重要性が出てきます。病理制限を有する際は、飲料水のみに留めず、食品中における全水分が相当します。浮腫の程度が軽かったり存在しないのであれば病理制限が重要になるのは塩分のみです。水分量の病理制限については病状や尿量から医師が特定します。脱水になればそれだけ腎臓機能の低下を早めるので自分勝手な病理制限はしてはいけません。徹底した食事療法を手掛ければ腎臓病に罹っていても、体内に老廃物や毒素(人体にとって重要不可欠な栄養素でも、とり過ぎると害になることもあるのです)はたまっていきません。老廃物が残らない状態になれば尿毒症を未然に防ぎ、慢性腎臓病の進行を妨げる事も可能になります。だいぶ効果が出た場合には、腎臓病が進行しなくなっ立と言ってもいい程遅らせる事が出来るのです。食事療法は困難だと捉えられがちですが、実際はそこまで厳しいものではありません。食事療法については、患者(同じ病気にかかっても、人によって症状の出方は異なるものですし、治るかどうかも違ってきます)が自ら積極性を持って努められる最善克つ最短の治療手段なのです。クレアチニンは筋肉中に存在している物質から造り出される老廃物で、腎臓に行き分離された後尿と合わせて体外へ排出されます。クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。なので、通常男性の方が高めの数値なっているのです。筋肉量が落ちてくると、当然クレアチニンの数値も下がります。その他で言うと、妊娠時には、尿と一緒に出されるクレアチニン量が飛躍するので、クレアチニン値が低くなります。人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があるようです。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質に関しては分解する事で約7~8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで腎臓に負担を与えてしまいます。そのため、たんぱく質の病理制限が重要でしょう。体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kg当たり0.6g/日が重要とされ、1日分で捉えれば30~40g程と言えます。カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類は小さめに切ってから水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でた場合に除去できるカリウム量は、その種類や調理するときの処理時間や形状・水量によりちがいが出ます。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、搾るようにすると、より多く除去できます。慢性腎臓病時の食事療法の大元の趣旨は、腎臓病の進行ペースを遅く指せる事と、健康状態の維持になります。透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、食事療法を試みる事で腎不全への進行を遅らせることができ、結果的に人工透析を開始する時期を遅くできます。この他、透析を要する状況となっても、体調を保ちながら安定して人工透析を続けていくために、食事療法は必須なのです。腎臓病でお困りの方に適した、低たんぱく質で済む特定な食品が製造されています。こうした製品をうまく活用する事で徹底した食事管理をおこなえます。腎臓機能が症状進行すれば、今よりも力を入れて食事を徹底しないとなりません。この他、糖尿病がある方でしたら血糖値を上げないために、エネルギー量にも病理制限が生じます。自己の判断で適当に献立を決めずに、きちんとした知識をもつ医師や管理栄養士を頼るように心掛けましょう。食事によって獲得し立たんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。血液は腎臓中で分解されて、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓に与える負荷が増してしまいます。腎機能を正常に保つために、たんぱく質の摂取量を抑える重要があるようです。ですが、たんぱく質は人体にとって重要不可欠な栄養源なので、適量は摂り入れるようにしましょう。
続きはこちら⇒腎臓病食 宅配