クレアチニンを下げるにはかかりつけの医師の話をよく聞くこと

水に溶けやすい性質をもつカリウムで野菜・芋類は小さめに切ってから茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理を始めましょう。茹でる事で無くせるカリウムの値は、その種類や調理するときの水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげんなどの豆類で約30%除去できます。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、加えて搾る作業を行なう事で、カリウムは減らしていけます。食事で摂取したたんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓の内部で分離され、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物が増えてしまい、腎臓に悪影響を出します。腎機能を維持する上で、たんぱく質の摂取量を抑える必要があります。けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、全く摂らないりゆうにはいけません。体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在するんです。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質については性質上分解されると7~8割程度窒素を含んだ不要な老廃物になってしまうため、排泄時に腎臓に負担を与えてしまいます。そのため、たんぱく質の制限が必要となります。健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日換算で約30g~40gです。日常の食生活において何をどのくらい摂取すればよいのか、食事のメニューはどのようにしたらよいか、さらに食塩の軽減対策などを指導します。低たんぱく食事療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。一日における排泄物を検査し計算をします。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、どの程度たんぱく質や食塩を摂っているのかをしることが可能です。CKD治療の主なものは薬物治療と食事療法で、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。そのための食事療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、減塩食については、高血圧の治療を容易にし、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値はCKDステージ3に対して推奨されたものですが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、蛋白制限食は普段の食事よりも味気ない、カロリー摂取が満たされないなどで、実施するのが難しい方持たくさん見られます。腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、体内のカリウムを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、体内へのカリウム摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。一般的な野菜ジュースは、材料を濃縮し加工しているため、生野菜や素のままの果物に比べてカリウム含有量は極めて高いものが多いです。そのため、腎機能障害のある患者さんが、常日頃から野菜ジュースを好んで摂っていると、さらに危険性のある高カリウム血症に陥る可能性が出てきます。腎臓病の食事療法の目的は、腎臓病の悪化を食い止める事と、健康状態の維持になるのです。透析が必要無い保存期の間は、食事療法を試みる事で腎不全の進行をスローペースにし、結果的に透析を開始する時期を遅くできます。また、透析導入後も、できる限り健康体で透析を行うために、食事療法は必要不可欠です。もっとも適切な蛋白摂取量は、標準体重で約0.8g/kgです。標準体重が60 Kg前後程度だとすると、蛋白摂取量は、一日におおよそ50g必要となります。それぞれの食品に含まれる蛋白量を確認したければ食品標準成分表で確認できます。こういった食事療法については、栄養士の指示で具体的に応用した食事を作ることも可能です。開業医さんの中には食事指導が難しい場合もありますから、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、専門的意見を頂くこともよいと思います。腎臓病に罹患した方の増加が、近年問題になっています。腎臓は尿を創る臓器で背中に二つあって体内で不要になった老廃物を体外へ排出する役割があり、その他、電解質の安定を保ったり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、私立ちの体にとって大事なはたらきをしています。 腎臓病治療は当然病院で相応の対処も必要ですが、日々の食事や生活の習慣を見直すことが不可欠です。肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多く含まれており、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもありますから気をつけるようにしましょう。甘い食べ物に関しても案外たんぱく質が多く入っているのです。おやつには小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、必要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個分と同程度のたんぱく質が含まれます。引用:クレアチニン下げる